トップイメージ
Home > しっかりと見極めて従事することです

しっかりと見極めて従事することです

“企業の経営状態によって残業が増えたり減ったりしますが、従業員は残業に対してnoとは言えません。企業は従業員によって支えられているという自負が従業員にはあります。
よほどの理由がなければ企業への愛社精神はあるものです。
雇用主の事情に従業員が理解を示していればいいのですが、そうでない場合は
サービス残業を強要できません。
不景気が続き企業もかなり厳しい状況です。リストラをしたり減給したりと企業の措置に従業員は従うしかないのですが、労働基準法で決まっている時間外手当つまりは残業代を企業は支払う義務があります。
けれど、黙ってサービス残業をしている従業員が多いことも事実です。
残業をすることで企業の業績がアップすれば、従業員もそれに伴いついていきます。
その逆、従業員への還元のない残業を強いる企業も多く、それを訴えるケースも後を絶ちません。
よりよい環境を作っていくのが雇用主の役目です。雇用主の姿勢次第で従業員はyesとなるはずです。残業がサービスなのかそうでないのかをしっかり見極めて従業員も働かなければなりません。

ページトップへ
Copyright (C) 仙台市の看護師の転職や求人募集ステーション All Rights Reserved.