トップイメージ
Home > 介護業界で有利に転職できる資格とは

介護業界で有利に転職できる資格とは

日本は今や急速に高齢化社会化が進んでいます。さらにそれに追い討ちをかけるかのように出生率は下がる一方で、このままではさまざまな点で深刻な状況が引き起こされる可能性もあります。すでに介護関連の業界では久しく人材不足が叫ばれており政府も何とか対応しようとしていますが、いまだにこれと言った解決策は現れていません。

このように人材不足である介護の世界でならばいつでもどこでもすぐに仕事が見つかるだろうと楽観する人もいますが、これは大きな間違いです。確かに介護の業界では人材不足で喘いでいるというのが現状ですが、介護の業務はハードでタフな職場です。特に直接介護にあたるホームヘルパーや介護福祉士などはオーバーワークが進行し社会的な問題とさえなりつつあります。そのため介護の仕事に就くには少しでも上位の資格を取得しておくことがひじょうに重要となります。

介護の資格で最もハードルが低いのはホームヘルパーの2級などとなります。ホームヘルパーには1級と2級の区別があり、1級の人しか行ってはならない介護については厳格に定められています。また介護福祉士はこうした直接介護にあたる人の中でもプロ中のプロだけが持つ資格となります。介護職員や訪問介護などの経験のある人が目指す最初の難関であるとも言えます。

ケアマネージャーは介護の世界でもひじょうに人気が高い資格です。しかし取得するには医療や福祉、または保険関連の仕事に5年以上携わっているということが資格を取得する上での条件となっているため、一朝一夕に取得できる資格ではありません。社会福祉士は介護や福祉のサービスを必要とする人の相談を受けて最適なプランやサービスの紹介をするのが任務ですが、資格を取得するには介護に関する幅広い知識や経験が必要となります。

ページトップへ
Copyright (C) 仙台市の看護師の転職や求人募集ステーション All Rights Reserved.