トップイメージ
Home > 介護支援専門員の資格について

介護支援専門員の資格について

“大学を卒業して、高齢者の福祉施設で5年間働き、介護支援専門員の資格を取りました。
介護支援専門員の資格は、介護や支援が必要な高齢者が、介護サービスを利用するための手続きをしたり
調整をしたりする仕事です。

この資格は高齢者が増えていく現在、需要が高まっており、また人の役にも立つ仕事ができます。
介護の仕事などの場合は土日も出勤だったり、夜勤があったりと不規則ですが、介護支援専門員は土日祝日休みで
9~18時ぐらいで仕事ができ、家庭と両立したい人に向いています。

また年齢を重ねてもできる仕事で、男女の性別も関係ありません。
人生経験を重ねたことが仕事に活かせ、高齢者と話をしたり、相談に乗ったりする上で役に立ちます。

定期的に資格の更新をしていき、また研修を受ける機会も多いので、自身のスキルアップをする機会は十分にあります。
介護支援専門員の仕事をしなくても、資格を持っていると、福祉の世界ではある程度の知識があり、経験のある人なのだなという見方をされます。

ページトップへ
Copyright (C) 仙台市の看護師の転職や求人募集ステーション All Rights Reserved.